海の波や川の流れなど、水の動きによって堆積される地形

様々な自然活動により生み出される堆積物

水の動き、流水によって様々な土砂や砕屑(さいせつ)物が常に運ばれています。そのような土砂はやがて水の流れが穏やかになったり、または波打ち際などに地球の重力によって日々堆積していきます。それが河口沿岸に独自の堆積地形を作り上げ、その姿をどんどん変えていくのです。

では主に流水の堆積による地形はどのような種類があるのでしょうか。順にその形や特徴などを紹介していきます。

扇状地

河川が山から流れてきて平野付近に達した時に、山を頂点として扇状に堆積物が広がった地形を言います。扇状とはまさにこの広がりが扇の形に似ていることから名付けられました。

扇状地の中にも、その形作られた状態により様々な種類の地形があります。近隣の複数の河川がそれぞれ扇状地を形作り複合されたものを「合流扇状地」いいます。また、複数の扇状地で形成されているものでも、その地形の生成の年代がずれてできているものを「合成扇状地」といいます。堆積物が平野に広がらず、海まで流れて扇状に広がることもあります。このように海の中にできる扇状地を「海底扇状地」といいます。

扇状地に絡む地下水の発生メカニズムとして、扇状地に堆積する土砂やレキ(石ころ)ぼ性質が大きく関連してきます。これらは大変水を通しやすいため、扇状地の中央部分に位置する扇央部付近では川の水がどんどん川底から地下へと浸透していってしまいます。さて、この場所が扇状地になる前は平野であったため、浸透した水はこの平野(堆積物の下)の層でほとんどが受け止められます。受け止められた水は伏流水となり、そのまま下流方面(扇状地の端の扇端部)へ流れていくこととなります。その水が扇端部付近で湧き水として地上に現れることとなるのです。この湧き水を利用した水田地帯が、日本の多くの集落で見られます。

自然堤防

通常は普通に流れている川が洪水で水かさを増し、川から溢れだすことがあります。川として流れている間は流れに勢いがあり、また多くの土砂を一緒に運んでいます。ところが川が溢れ出した途端にその流れの勢いは弱まり、運ばれていた土砂がどんどんその場に堆積していくわけです。

その後、大雨などが止み洪水が終わって水が引けば、溢れた川沿いに積み上がった堆積物が残っていくのです。この現象が繰り返され、次第に堆積物が堤防のように形作られていきます。これが「自然堤防」とよばれています。

自然堤防はこのように洪水を繰り返した河川の川沿いに存在するのですが、現在では水のない場所にもこのような自然堤防を見ることができます。それはつまり、古くはこの自然堤防の脇が川であって、過去にはそこが流路であったことを知ることができるのです。

ちなみに国土交通省の国土地理院が発行している土地条件図には、このような地形における詳細な違いまで表されていて、各地の防災対策おいて重要な役割を担っています。

数値地図25000(土地条件)は、防災対策や土地利用・土地保全・地域開発等の計画策定に必要な、土地の自然条件等に関する基礎資料を提供する目的で、昭和30年代から実施している土地条件調査の成果を基に、地形分類(山地・丘陵、台地・段丘、低地、水部、人工地形など)についてベクタ形式でデータ化したものです。

国土交通省の国土地理院:土地条件図ページより

三角州、デルタ地帯

山の山頂部から流れてきた2本以上の河川が、海へと面する河口付近で、運んできた土砂を堆積し三角形(デルタ形状)の地形を形成する状態です。このような地形になるには、河川が土砂をそれなりに運んでくることももちろん重要ですが、河口付近が土砂を堆積しやすい状態であったり、または海からの波や潮流がこの堆積を侵食しない必要があります。

干潟

干潟は河川や海の沿岸流で運ばれた細かな土砂や泥が、海岸や河口部に一定以上(環境省の定義にて「干出幅100m以上」「干出面積が1ha以上」)の面積で広がったものをいいます。海に面した付近で広がるため、潮流が激しいいとそれらの土砂は簡単に運ばれてしまいますが、潮流が弱い、もしくはほとんど無ければ堆積した土砂はその場にとどまります。つまり湾の内側の潮流が弱い場所に良く干潟が見られるようになるのです。

干潟は、運ばれたり侵食されたりする土砂、または接する潮流が多くても少なくてもその地形を保つことができません。海や河川からの潮流が少ないと途端に干上がって乾燥した土地になってしまいますし、また多ければ海面に沈むか堆積が保てなくなります。干潟は非常にバランスのとれた状態で始めて現れる地形でなので、全国各地でそのような干潟は大事に保全しようという動きも活発です。


since2011Copyright © Sedimentology Of Mine | 堆積学を学ぶ