堆積と堆積学 - Deposition and Sedimentology

堆積学とは

人為的でないものを総称して自然と呼ぶ。
そうした自然科学の中の一つに、地球科学という学問がある。

地球科学というのは我々が住んでいるこの地球。
対象はその個体はもちろん、磁気圏に至るまでの空間も含んでいる。

さらにその地球の内部、いわゆる空間を除く地面から下の部分に関する学問を地質学と言う。
そして、そのうち様々な岩や砂、灰や炭といった堆積物の形成される過程や性質を研究する学問を堆積学と呼んでいる。

過去の自然環境の変化や災害、それにより将来起こりうる災害の可能性を探ったり、有用なエネルギー資源などの調査にも生かされる。
ちなみに、自然科学の一つであるため、人為的に引き起こされた爆発や工事などによる堆積は含まれない。

About Sedimentology

A not artificial thing is generically called NATURE.

One in such NATURE Science has learning called EARTH Science.

EARTH science is this earth on which we live.

The object also includes space until it results in a magnetosphere as well as the individual.

The learning about a lower portion is called GEOLOGY from the ground excluding space.

And it's called SEDIMENTOLOGY to research the process in which a sediment is formed with a rock, sand, etc..

The possibility of change and the disaster of the past natural environment, and the disaster which may occur by that cause in the future is explored, or it is efficiently employed also in investigation of useful energy resources etc.

身近にある地層

本来堆積物は折り重なり地面下に埋まっていくためにその断面を見ることができない。
そのため調査する際はボーリングなど大型の重機を使用して行うことが多い。
よくマンションなどの建設地でも最初に行っている作業であるため誰しも見かけたことがあるかもしれない。

そんな地層だが、ある場所ではそのまま見ることができる。
主に渓谷など切り立った崖や、洞窟・鍾乳洞といった場所では地層を見ることができる場所が多いと言えるだろう。

横に何重にも折り重なった模様のような断面を見かけたら、ほぼ間違いなく堆積物の地層と言える。
川の流れや海の波など、水によって削られた地層というのは、比較的目にしやすく、自然の神秘を感じられる場所と言える。

堆積学とは、学問などを抜きにして、自然の織り成す地球の神秘というものを感じるという意味でも興味深い分野ではないだろうか。


since2011Copyright © Sedimentology Of Mine | 堆積学を学ぶ